TOP > E.PUCCI : エミリオプッチ
rss
TOPページ
お買い物方法
お支払い・配送
返品/交換・キャンセル
特定商取引に基づく表記
個人情報
PCご使用環境
お店紹介・会社概要
お問合せ
カレンダー
カレンダー
当店オンラインショップでは、銀行振込・郵便振替・代金引換・各種クレジットカードのご利用ができます。
カード1
カード2
qrコード
スペース
EMILIO PUCCI

エミリオ・プッチといえば、幾何学的で美しい色彩のプリントが特徴のイタリアのラグジュアリーブランド。その生みの親は、フィレンツェの貴族で政治家であり、パイロット、スキーヤーでもあったバルセント侯爵エミリオ・プッチ、その人です。高校時代にオリンピックのスキーチームの選手だったプッチは、1947年に自分でデザインしたスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー」に掲載し、注目を集めます。そこからデザイナーとしてのキャリアをスタートさせた彼は、1950年代には代名詞とも言える万華鏡のような幾何学プリントを発表。独特の模様はマリリン・モンロー、エリザベス・テイラー、ジャクリーヌ・ケネディといった多くの女優やセレブからも愛され、やがて「プリントの王子」と呼ばれるように。現在もフィレンツェに残るプッチ宮殿を作品の展示会場とし、限られたバイヤーだけが招かれて買い付けできるという、大変プレミアムなブランドとなりました。
そのプッチが92年に没した後は娘のラウドミア・プッチが引き継ぎ、現在はピーター・デュンダスがクリエイティブ・ディレクターに就任。1990年代にはリバイバルブームもあり、「プッチ柄」は60〜70年代のアイコンとして復活します。時代を経ても色褪せることのない、プッチのアイテムの数々--。その上品で華麗なプリントは、あなたの魅力を個性豊かに際立たせてくれることでしょう。

エミリオ・プッチバッグ エミリオ・プッチ財布・小物 エミリオ・プッチシューズ・サンダル
エミリオ・プッチ洋服


【5分でわかるブランド講座】

EMILIO PUCCI(エミリオ・プッチ)
★「プリントの王子」が生み出したプッチ柄


エミリオ・プッチといえば、幾何学的で美しい色柄のプリントが特徴のイタリアのブランド。その生みの親は、貴族であり、政治家であり、パイロット、スキーヤーでもあったバルセント侯爵エミリオ・プッチ、その人でした。


●スキーウェアを発表してデザイナーに
プッチの創業者 バルセント侯爵エミリオ・プッチは1914年、フィレンツェで最も歴史と格式のある貴族の家に生まれました。大学で政治学を学び博士号を取得したプッチは、大戦中にはイタリア空軍でパイロットを務め、その後は政治家としてイタリア議会に10年間在籍しました。高校時代にオリンピックのスキーチームの選手だったプッチは、1947年に自分でデザインしたスキーウェアを雑誌「ハーパース・バザー」に掲載。注目を集めたことから、デザイナーとしてのキャリアをスタートさせます。

●先見性を持ったファッション界の革命児
デザインについて勉強したこともないのに、彼はデビューと同時に、その先見性でファッション界に革命を起こします。重いパッドやコルセットで体を締め付けていた当時の女性たちにとって、動きやすいストレッチ素材を使い、ミニマルで流線形にデザインされたスキーウェアは衝撃的で、今なお語り継がれるプッチ伝説の一つとなっています。さらに、目を奪われるほどカラフルな色使いは、50年代に発表された代表作「プッチ柄」にも継承されていきます。また、当時としては非常に革新的な新素材(シルクジャージー、コットンジャージー、化学合成素材やハイテクストレッチなど)を開発し、技術的にもファッションの先駆者となったのです。

●カプリ島のバカンスから生まれた「プッチ柄」
プッチの代名詞とも言えるのは、万華鏡のように美しく鮮やかな「プッチ柄」。それは、太陽と紺碧の地中海に浮かぶイタリアの小島からインスパイアされた全く新しい幾何学模様で、イタリアのカプリ島での休暇中にガールフレンドのリゾートウェアとしてデザインされたものでした。さらに、先の細いカプリパンツやショーツ、リゾートドレスの他、大胆なテキスタイルのカーテンやカーペットも発表しました。カジュアルでありながらエレガンスなファッションは、マリリン・モンロー、エリザベス・テイラーといった女優やセレブが愛用したことにより60年代のアメリカでブレイク。プッチは「プリントの王子」と呼ばれ、フィレンツェにあるプッチ宮殿に招かれたバイヤーだけが買い付けできるという、大変プレミアムなブランドとなりました。

●レトロなのに永遠に新しいプッチ
その後、彼はファッション以外のプロジェクトにも積極的に進出。アメリカの航空会社の制服やアポロ15号使節団のロゴ、高級外車の内装デザインを手がけるなど、グラフィック・デザイナーとしても活躍します。プッチが92年に亡くなった後は、娘のラウドミア・プッチが継承。1990年代末からのリバイバルブームに乗って、「プッチ柄」は60〜70年代のアイコンとして復活します。その後クリスチャン・ラクロワらがクリエイティブ・ディレクターを務め、現在はピーター・デュンダスが就任。アーカイブプリントから着想を得た新しいコレクションは、今なおブランドの新たな可能性を引き出しています。





Topへ戻る




Copyright (C) 2005-2010 LAUREN HILLS. All Rights Reserved.